トレチノインとハイドロキノンを併用して乳首の黒ずみを解消!

28歳の女性です。

 

私は元々色黒で、乳首の黒ずみは特にコンプレックスを感じて

いました。

 

 

セクシー女優さんの画像などをみるときれいなピンク色の乳首で

とてもうらやましく思いました。

 

 

黒ずみが薄くなると聞いて、ヨクイニン(はと麦エキス)を飲んだり、

ピーリングしてからパイナップル豆乳ローションを塗ってみたり。

 

効果はまったくなかったとは思いませんが、ちょっと薄い茶色に

なった…?程度。

 

 

劇的な変化ではありませんでした。

 

どうにか20代のうちにピンク色の乳首になりたかったので、すごく

時間のかかりそうなこの方法は断念しました。

トレチノインとハイドロキノンを購入


そこでネットでいろいろ検索して見つけたのが、トレチノインと

ハイドロキノンを塗るといった方法でした!すぐに目に見える

効果があるということで、早速海外のサイトで購入。

 

 

トレチノインは「Airol 0.05% Creme」、ハイドロキノンは

「Black and White Bleaching Cream」を買いました。

どちらもかなり強い薬だということで、最初はできるかぎり少量

塗りました。

 

 

まず綿棒で乳首にトレチノインを塗って、しばらく置いて浸透

したら次はハイドロキノンを。

 

朝と夜2回ぬると良いと聞きましたが、怖かったのでまずは

夜だけ塗りました。

 

すると、三日後にはすでに皮剥けが始まりました。

 

乳首の表面が少しひりひりとして、フケくらいの薄い表皮剥け

でした。

 

 

もうしばらくすると、乳首の表面が腫れたように突っ張って

きました。

塗る回数を調整してみた

少し怖くなったのでトレチノインを塗る回数を減らしてビタミンC

誘導体ローションをたっぷり塗ったりしつつ、ハイドロキノンは

そのままのペースで塗り続けました。

(やめると色素沈着すると聞いたので。)

 

それを続けて、私の場合は2週間ほどで明らかに乳首の色が

ワントーン明るくなりました!

 

それも茶系ではなく、血色の良いピンク系の色でした。

 

 

ハトムギエキスの時とは比べ物にならないくらい、一目瞭然。

それから一度、両方の薬を1ヶ月ほどやめて休止期間を作り、

また再開。

 

 

ハイドロキノンもトレチノインも酸化しやすいので密封して

冷蔵庫で保存し、使用期限はだいたい1ヶ月です。

 

再開するたびにネットで買いなおしました。

 

 

お風呂の後に毎回塗るのは少し煩わしかったですが、それ以上に

理想の乳首の色に近づいたことは本当に嬉しかったです!

私は敏感肌で、肌に強い炎症が出ないかどうかがとても心配

だったのですが、使用回数を自分で調節したりした結果、

まったく問題ありませんでした。